「バーチャルウォール」入ってほしくない部屋に入らせない

ルンバには「バーチャルウォール機能」なるものもあるので、それをご紹介します。

これがバーチャルウォール。2台付属しています。

「バーチャルウォール機能」というのは、設置したバーチャルウォールから最大2.4mの長さまで、目に見えないバリアを作り、ルンバがそれ以上先へ進むのを防いでくれる機能です。

最近の家は段差のないフラットな作りになっているものが多く、ルンバにとってはどこへでもスムーズに行けてよいのですが、例えば赤ちゃんが寝ているスペースだとか、ちょっと作業中の材料を広げてあって近づけたくないスペースなど、ルンバ立ち入り禁止ゾーンを設けたいときには、このバーチャルウォールが活躍してくれるわけです。

底面の蓋を開けて

単2乾電池を2本入れます。バーチャルウォール2台を使うなら4本必要だということですね。

あとは、こうして設置するだけ。ルンバの種類によって、このバーチャルウォールには手動でスイッチを入れなくてはいけないものと、ルンバが稼働し始めると自動的にスイッチが入るものの2種類があります。うちのは自動式のものです。

この動画、手前の右と左にそれぞれバーチャルウォールが設置してあるので、ルンバはこちら側へは進んできません。途中で止まって方向転換する様子がわかりますね。

ここは広い場所なので2台使っていますが、例えば部屋の入り口でブロックしたいという場合などは、片側にバーチャルウォールを1台置けば十分です。

    
    次の▲のページへ⇒     

 

Copyright (C) 失敗しない自動掃除機ならルンバで決まり!私の感想・口コミ♪iRobot【アイロボット】. All Rights Reserved.